所有している土地に借地契約を締結しており、この「底地の価格」を知りたいです。どのように算出すればいいでしょうか?

実際に底地を売却しようと考えた場合、買手候補には先ず、借地権者や買取業者等が想定されます。売却価格を算出するに当たり、月額地代や更新料の設定等の契約条件、及びに土地特性等も考慮する必要があります。

上記まで考慮すると複雑になってきますが、もう少し簡易的な方法として「路線価」を参考に土地の価値を計算することが可能です。(この金額で実際に売買ができるということではありませんので、あくまで参考として考える必要があります。)

参考:国税庁「財産評価基準書」

下記の方法で調べることができます。

1、「土地の更地評価(借地権が設定されていない場合の土地の評価額)」を調べる。
まず、国税庁「財産評価基準書」のページより、借地権価格を調べたい場所の路線価図を確認します。次に、その路線価図上で価格を調べたい土地の場所を特定し、その土地に面している道路に記載されている数字を確認します。

例:前面道路に「300C」と記載がある場合、その道路に面する土地の1㎡当たりの価格は30万円となります。単位は千円で計算します。(※アルファベットに関しては後述します。)

つまり、
「路線価(平方メートル単価)」×「土地面積」=「路線価から算出される土地評価額」
という計算式が成り立ちます。

※調べたい土地が2つ以上の道路に面している場合はこちらをご覧ください。

参考コラム:借地権における相続税の計算方法 路線価図の見方

2、「底地割合」を調べる。
底地割合とは、その土地全体の権利を底地(土地)と借地権(建物)で分けて考えた時に、「底地側が持つ権利の割合」です。土地全体の権利から借地権割合を差し引いた分が「底地割合」となります。

路線価で「300C」と記載があった場合、「C」が適用され底地割合は30%(借地権割合は70%)と計算されます。

3、上記の2点を元に「底地価格」を算出する。
1、2で調べた内容を元に、
「土地の更地評価」×「底地割合」=「底地価格」
という計算式によって借地権価格を算出することができます。

前述した通りですが、実際には様々な条件を考慮する必要がありますので、評価は更に複雑になる可能性があります。詳細な査定が必要な場合は不動産鑑定士による鑑定をお勧めしています。

参考コラム:借地権価格の計算方法

タップで電話がかかります

  • TEL0120-12-3456
  • アポイント申込み
  • 借地権・底地の買取査定サービス
  • 借地権を活用したアパート経営
  • 借地権付きの物件を購入したい
  • 借地権を売却したい
  • 承諾料・更新料の相場
  • プロが教える借地権コラム