「借地権」と「借地権周辺の必要と思われる知識」をコラムとしてまとめました。

借地権問題.comのポリシーである地主・借地権者の両者にとって「中立的な立場」で、私達のパートナーである弁護士・税理士・不動産鑑定士・宅地建物取引士・司法書士などのプロフェッショナル監修のもと作成しています。

サイトに訪問頂いた皆様の借地権問題の解決がこのコラムで少しでも進むことになれば幸いです。

借地権コラムのカテゴリ

    2019年05月31日

    【事例】地代の値上げをしたいのですが可能でしょうか

    defaultImage

      地主からのご相談 「借地権が設定された土地(底地)を所有しています。地代の改定がされておらず、相場よりも安いと感じています。値上げすることは可能でしょうか。」   長い間地代の変更をしていないため、安い金額で賃貸借契約を続けている地主も大勢いることだと思われます。地代を改定することは可能なのでしょうか。   今回も、結論からお伝えします。     【借地権問題ドットコムの回答】 1.賃貸借契約書に増額禁止特約の記載があるか確認します 2.地代増額の請求をすることは可能ですが、借地権者が応じるかは別問題 3.借地権者が応じない場合は、調停か裁判をすることになります   借地権問題ドットコムで […]

     

    続きはこちら

    2019年05月31日

    【事例】相続する借地上の建物が未登記である場合、どのような問題があるか?

    defaultImage

    借地権者からのご相談 借地と1950年頃に建築された木造建物を亡親から相続することになりました。 ところが確認したところ建物が登記されていないことがわかりました。 私は借地権を相続したといえるのでしょうか? 今後どのように手続きをしていったらよいでしょうか?  どのようなことに注意したらよいですか?   相続の登記をしようとしたら、その建物自体が未登記だったということです。びっくりしますよね。権利は守られるのでしょうか?   それでは結論からお伝えしてまいります。   【借地権問題ドットコムの回答】 1.原則として、建物登記がなくとも、地主と土地賃借人の関係においては  借地権を主張できます。 […]

     

    続きはこちら

    2019年05月30日

    【事例】借地権者から「借地権を買い取ってほしい」と言われましたが、どう対応すればいいでしょうか

    defaultImage

      地主からのご相談 「先日、借地権者から借地権(付建物)を買い取ってほしいと言われました。買い取る必要があるのかアドバイスをお願いします。」   借地権が設定された土地(底地)の所有者である相談者に、借地権者からその買い取りを打診されたということです。アドバイスをするために、地主である相談者がこの底地に対してどう考えているかを確認する必要があります。   今回も、結論からお伝えします。     【借地権問題ドットコムの回答】 1.買わなくていけない道理はない 2.買わない場合は、借地権が第三者へ売却される可能性が生じます 3.借地非訟になった場合は、地主の介入権を行使することができます   […]

     

    続きはこちら

    2019年05月29日

    【事例】借地上の建物が焼失したら、借地権は終了するか?

    defaultImage

    借地権者からのご相談 「借地上の所有建物が焼失してしまったとき、借地権は終了しますか?  また、このとき自身の借地権を守るためにしなければならない手続き等はありますか?」   これは、借地権者の方からの質問でした。「隣家が火事で全焼してしまった。自宅は延焼を免れたが、もし私の所有する建物が全焼してしまったら、その段階で私の借地権は消滅してしまうのでしょうか?」とのことでした。この方は1988(昭和63)年に借地権土地付建売住宅を購入されたとのことでした。つまり、この方の借地権には旧借地法が適用されています。また、「全焼してしまったら・・・」ということだったので、建物が滅失したと仮定し […]

     

    続きはこちら

    2019年05月29日

    【事例】借地上の建物を第三者に賃貸してもよいか?よい場合、地主の承諾を得る必要があるか?

    defaultImage

    借地権者からのご相談   「親の旧法借地権付建物を相続しました。自分は既に別の場所で土地建物を所有しているのでこの相続物件に居住する必要はありません。でも、まだ建物もきれいなので、できるなら第三者に貸そうと考えましたが可能でしょうか?また、その場合に地主の許可は必要ですか?」   既に持ち家に住んでいる相続人が親の住居を相続したとき、さてどうしようと困ってしまうというお話しをよく聞きますね。その不動産を保有し続けようと決心したときに思いつく利用方法の一つが、この「建物を第三者に賃貸しよう」という方法です。 今回のご相談の土地は旧法借地権であり、その借地の上に建物が存在しているので、建物を借りる […]

     

    続きはこちら

タップで電話がかかります

  • TEL0120-12-3456
  • アポイント申込み
  • 借地権を取り戻したい
  • 承諾料・更新料の相場
  • 底地を買いたい
  • 借地権が競売になったら
  • プロが教える借地権コラム