【用語解説】所有権保存登記

所有権保存登記とは:

対象とする不動産について権利部(所有権に関する事項)にする最初の登記のこと。記載内容には、順位番号、登記の目的、受付年月日・受付番号、所有者名義・所在等の事項がある。

所有権保存登記をすることで第三者への対抗要件となる。表題登記と違い登記の義務はない。

 

 

タップで電話がかかります

  • TEL0120-12-3456
  • アポイント申込み
  • 借地権・底地の買取査定サービス
  • 借地権を活用したアパート経営
  • 借地権付きの物件を購入したい
  • 借地権を取り戻したい
  • 承諾料・更新料の相場
  • 底地を買いたい
  • 借地権が競売になったら
  • プロが教える借地権コラム