近年急増!借地権トラブルとは?

「借地権」とは、土地を所有している「地主」から「借地人」が土地を借りて、その土地の上に建物を建て、利用する権利のことです。
 
地主にとっては、活用していない土地を貸すことで賃料が入ってくる、借地人としては土地を買わずに家を建てることが出来るというメリットがあり、お互いに納得がいき、良好な関係であれば地主、借地人の両者にとって良い契約です。
 
しかし、一つの土地を地主は「貸す」、借地人は「借りる」という利害が相反するものでもあり、また、契約期間が長いものであるため、賃料や更新料、建物を立て直す際の承諾料などでトラブルに発展してしまうことがあります。

 

提供サービスについて「借地権問題.comのできること」

借地権について地主と借地人に間でトラブルが発生してしまった場合、まず誰に相談をして良いのかがわからないのが普通なのではないでしょうか?
 
私達、借地権問題.comは借地権問題に詳しい相談員が、トラブルの状況をお聞かせ頂き、相談者の方の問題にあった専門家を無料でご紹介させて頂きます。

 

地主様向けサービス

  • 底地の簡易査定

    もやもやスッキリ、底地の簡易査定借地権についての専門家が現状をヒアリングし、ヒアリングシートに問題を整理させて頂きます。

  • 底地鑑定

    本当はいくら?
    不動産鑑定士に任せて安心
    ご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。

  • トラブル防止・契約書再作成

    契約書の紛失や実態と違う状況を整理借地権についての専門家が現状をヒアリングし、ヒアリングシートに問題を整理させて頂きます。

  • 底地のスピード売却

    なんだか面倒な底地をすぐに整理したいご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。

  • 底地の高値売却

    儲からない、稼がない底地を
    10万円でも高く売却
    借地権についての専門家が現状をヒアリングし、ヒアリングシートに問題を整理させて頂きます。

  • 更新料・地代のトラブル解決

    借地権問題を次の世代に先送りしないご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。

 

借地権者様向けサービス

  • 借地権の簡易査定

    もやもやスッキリ、借地権の簡易査定借地権についての専門家が現状をヒアリングし、ヒアリングシートに問題を整理させて頂きます。

  • 借地権鑑定

    本当はいくら?
    不動産鑑定士に任せて安心
    ご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。

  • トラブル防止・契約書再作成

    契約書の紛失や実態と違う状況を整理借地権についての専門家が現状をヒアリングし、ヒアリングシートに問題を整理させて頂きます。

  • 契約書再作成(交渉あり)

    地主との更新交渉をプロに任せたい地主様との間に弁護士に入ってもらい契約の内容を明文化。更新料や希望条件を提示し(交渉4回分を含む)契約書の再作成をいたします。

  • 借地権のスピード売却

    なんだか面倒な借地権をすぐに整理したいご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。

  • 更新料・地代のトラブル解決

    借地権問題を次の世代に先送りしないご相談者の抱える課題にあった、借地権について知見のある弁護士、司法書士、不動産鑑定士、不動産会社などをご紹介させて頂きます。


なぜ、借地権問題を解決できるのか?
借地権問題.comの特徴・体制作り

相談員は全員、借地権問題のスペシャリスト

借地権問題の相談員に最も必要な資質は「相談者の方の立場に立って相談に乗ること」だと考えています。普段の生活では聞きなれない「借地権」について困っている方の力になりたいという気持ちがなければ、良いサポートはできないと考えます。しかし、一方で親身になるだけでは、現実的な解決は不可能です。

 

そのため、相談員は「宅地建物取引士」「フィナンシャルプランナー」などの資格を持ち、また、社内の研修制度を受け、借地権問題に対し一定の知識・実績のあるものしかなることが出来ません。

 

弁護士・司法書士・宅地建物取引士など、法律の専門家と緊密に連携

知識のないオペレーターが事務的なお答えをすることはありません。借地権の問題は、複雑な状況が多く簡単でシンプルな問題はほぼありません。

 

借地権者と地主との関係や、相続人、保証人との関係など、複雑な事情をお持ちの方のご希望にも幅広くお応えできるよう、弁護士・司法書士・宅地建物取引士など法律の専門家と提携しています。

 

都市銀行・地方銀行・不動産買取業者とのネットワーク

一口に「金融機関」や「不動産買取業者」と言っても、それぞれの都市銀行・不動産買取業者によって、借地権に対する考え方、進め方は大きく違います。​

 

私たちは、数多くの「金融機関」や「不動産買取業者」に対応実績があり、その傾向、最新の動向を常に把握するように努めています。

対応地域は1都3県。
それ以外の地域の方はまずはご相談ください。

  • 現状の借地権問題.comでご対応させて頂けるエリアは「東京」「神奈川」「千葉」「埼玉」の1都3県となります。

     

    それ以外の地域については、今後サービスを広げていく予定でございますが、現状はご対応出来ません。

     

    何卒ご了承くださいませ。

ご相談の流れ

まずは、一歩踏み出しましょう!
ご相談は、お電話もしくはメールからお申し込みください。

 

流れ

 


各相談後には、A4(1枚)のヒアリングシートを提出します

  • 借地権問題.comではヒアリングをさせて頂いた際に、現状を整理したA4(1~2枚程度)のヒアリングシートを作成させて頂いております。

     

    土地や建物の登記簿謄本による確認や、契約書がある場合は現状の借地権契約についても整理をさせて頂くため、ご自身の状況を理解するうえでも参考になります。

監修者ご挨拶

  • 一般社団法人住宅・
    不動産総合研究所

    代表理事 吉崎誠二

  • これまで不動産エコノミストとして全国各地の新聞社主催の不動産関連セミナーにおいて、不動投資・土地活用・マンション購入等様々な不動産関連分野の講演を行ってきました。
     
    こうしたセミナーが終わると個別で質問を受けることが多いのですが、その中でも特にややこしい問題が、借地に関してのトラブルのご相談です。
     
    借地権問題.comは地主・借地権者の両者にとって中立的な立場で、借地権問題についての情報発信をすること、そして、どのプロフェッショナルに抱える問題を相談すればよいかという情報を提供させて頂くことで、借地権にまつわる問題の解決にお役立ち出来ればと考えています。

 

監修者プロフィール

早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。

 

(株)船井総合研究所上席コンサルタント、Real Estate ビジネスチーム責任者、基礎研究チーム責任者、その後、ディー・サイン不動産研究所 所長を経て、現職。

 

企業向けコンサルテーション、データ分析、市場予測などを行うかたわら、全国新聞社、地方新聞社をはじめ主要メディアでの招聘講演は毎年年間30本を超える。

 

主な著書として「データで語る賃貸住宅経営の極意」「大激変 2020年の住宅・不動産市場」「消費マンション」を買う人「資産マンション」を選べる人」

 

監修者のご挨拶詳細

タップで電話がかかります

  • TEL0120-12-3456
  • アポイント申込み
  • 借地権を取り戻したい
  • 承諾料・更新料の相場
  • 底地を買いたい
  • 借地権が競売になったら
  • プロが教える借地権コラム